ブログ

2018年7月30日 月曜日


沖縄にいる友人から、常夏の果物がたくさん届きました。
マンゴーに、パッションフルーツ、ドランゴんフルーツと
常夏の香りが、まるで旅に出たかのような気分にさせてくれます。

器はやはり暑い国のものがよく合いますね。
アフリカ大陸のチュニジアの古いもので、パリの友人からの頂き物。
代々引き継がれていた器を頂いたので、割れても欠けても大切に使っている
とても大事な一枚です。

あっという間に8月を迎えますね。
お身体どうぞご自愛し、よい夏をお過ごし下さい。
Tags : 古いもの

まさひろ工房の器をオンラインにアップいたしました

2018年7月19日 木曜日


本日、沖縄のまさひろ工房、仲村まさひろさんの器をオンラインにアップいたしました。
写真は、刷毛目のウニヌティ
あじさいや椿のように鮮やかな色をの切り花を生けても美しいですね。

こんなにパワーがある器だと思わなかったなど
お手元に届いたお客様から素晴らしい!とのメッセージをいただくことも多い
まさひろさんの器。

どんとした存在感に太陽や風や自然をそのまま纏っているかのような
沖縄のまさひろさんらしい器です。

粗々しいように見えて、高台の底の削りは完璧なつるつる加減と角の心地よさ。
心からお勧めするやちむんです。


朝食

2018年6月20日 水曜日


朝食、皆さんどうされていますか?
わが家はパン派です。

朝の忙しい時間にパンはやっぱり楽ですね。
パンにヨーグルトに季節の果物。そしてコーヒー。
パンにハムやチーズを挟むこともあれば、ジャムなどを塗ったり...
器は、厚手の木の皿か出西窯の縁焼〆七寸皿を愛用しています。

このお皿、パン皿としては食パンからクロワッサンやバゲット、ホットドッグまでサイズ的にも使えるのでいいですよ。
そして何より朝にぴったりのお皿です。
サイズ的にはパスタやプレートとしても使えるので、現代のスタイルにぴったりの一枚です。

そんなわが家も、最近より朝食を家族全員短時間でさっと食べれて、かつ栄養もあり
視覚的な楽しさもあるものはないだろうかと模索中です。

7寸のプレートは洗う時間を考えると、やはり一枚で済んで時間の短縮になります。
長方形のお皿も楽しいですね。
おにぎりに野菜たっぷりのスープやお味噌汁。それに果物かな?
あとはどれだけ用意に時間がかけられるか!(泣)

一日の始まりとなる朝の大事な食事、それも時間は短く!
できたら楽しく食事をしたい!
永遠の悩みになりそうです。


Tags : 出西窯

肌寒い一日

2018年6月16日 土曜日


こんにちは
昨日、今日と東京は肌寒い日々が続いています。
こんな日には温かい食べ物が食べたくなりますね。

写真は、前回フランスに訪れた時にカステルノーダリーという南フランスの街で頂いた「カスレ」という郷土料理。
たっぷりの白いんげんに、この地方では鴨のお肉がたっぷり入ったものでお肉の油が浮いて熱々の状態で頂きます。
これで一人前!21cmほどのカスレ用に作られた陶器の鍋にたっぷりと盛られていますが
私たちが入ったレストランではご年配の方も若い方たちもきれいに平らげていました。
日本人にはなかなか大変な量ですが、今日のように肌寒い日には赤ワインを飲みながらカスレが食べたくなります。

明日は父の日ですね。
今日よりは気温が上がるようですが、どうぞお体気をつけてお出かけください。

花のある生活

2018年6月15日 金曜日


朝の太陽を浴びて幸せを感じ
植物を生けて生活に緑を感じることで満たされる。
日々、自然の恵みからその日を楽しく生きる力をもらっています。

現在、実店舗「工芸喜頓」では先日買い付けてきた湯町窯と出西窯、森山窯の器が多く店頭に並んでいます。
写真は「日々の暮らし」でも販売している、湯町窯の海鼠釉櫛描ピッチャー
ブルーベリーの枝を生けたもの。

湯町窯の海鼠釉にカラフルな切り花を生けても素敵ですが、緑の枝物も釉薬と自然と調和し美しいですよ。

< 前のページ
上に戻る