ブログ

包装紙が新しくなりました

2021年6月24日 木曜日




型染作家の宮入圭太(みやいりけいた)さんにお願いし
当店オリジナルのギフトラッピングの羽(朱色)と山(藍色)の2柄を作って頂きました。
こちらは羽(朱色)柄です。


漆器の根来塗のような表現をしたもので、単色とはまた異なる奥行きが感じられます。
ラッピングするアイテムの大きさにより、柄の出方が変わりますのでご了承下さい。




こちらは山(藍色)柄です。
山だけでなく自然全体を表現した図案となっています。


どちらも生き生きとした美しい包装紙に出来あがりました。
原画(和紙の細川紙に型染)の素晴らしさを限られた範囲の中でもできる限り再現したく
今までより紙を厚くし、少しざらつきのあるマットな仕上げにしました。

商品をカート(買い物かご)に入れてお手続きを進めて頂きますと、ギフトラッピングをお選び頂けます。
どちらの柄かご希望の柄を選択下さい。

実店舗「工芸喜頓」およびオンラインショップ「日々の暮らし」共に、本日付のご注文よりこちらで提供させて頂きます。
なお、ギフトボックスのご用意はオンラインショップのみとなっておりますので、何卒ご了承ください。

引き続き今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

個展のお知らせ - 五十嵐元次展

2021年4月9日 金曜日



個展のお知らせです。
東京の世田谷・上町にある実店舗 『工芸喜頓(こうげいきいとん)』 にて
福島・会津の五十嵐元次さんの白磁と青磁の器展を開催いたします。
今回の個展に際して、お願いして作っていただいているものなどもございます。
また、定番のものも種類が揃うかと思いますので、どうぞお立ち寄りください。

会期: 2021年4月24日(土) より 5月2日(日)まで
営業時間: 13時 より 18時 まで
※ 会期中は休まず営業いたします。
※ 残念ながら、今回は五十嵐さんは在店されません。
※ 各種クレジットカードがお使いいただけます。


掲載誌のお知らせ - VOGUE JAPAN 4月号

2021年3月9日 火曜日



2/26(金)発売のVOGUE JAPAN 4月号の 『今買いたい、注目作家の工芸作品』 特集にて
広島の惣堂窯 掛谷康樹さんをご紹介頂きました。

掲載の商品は、残念ながら全て完売しております。
何卒ご了承ください。

掲載誌のお知らせ - OTONA MUSE 4月号

2021年3月9日 火曜日



2/26(金)発売のOTONA MUSE 4月号にて、実店舗 『工芸喜頓』 をご紹介頂きました。

ターゲットが37歳の女性ということで、今回は惣堂窯 掛谷康樹さん(広島)・まゆみ窯(熊本)
瀬戸本業窯(愛知)・五十嵐元次さん(福島・会津)の器をご紹介させて頂きました。

掲載誌のお知らせ - Hanako 4月号

2021年3月9日 火曜日




2/26(金)発売のHanako 4月号にて、スタイリストの中里真理子さんが
『こんな一枚からそろえたい』 として以下3点をご紹介くださいました。

① 三宅吹き硝子工房の三宅義一さん(岡山)の六寸鉢 緑
② 惣堂窯 掛谷康樹さん(広島)の長角鉢
③ 川連漆器 佐藤善六漆器店(秋田)の多用椀

同じ特集ページでは、料理家の冷水季三子さんがご購入下さった
惣堂窯 掛谷康樹さんの大鉢をご紹介下さいました。

どちらも素敵なページです。
よろしければ書店にてご覧ください。
< 前のページ
上に戻る