ブログ

掛谷康樹さんの器をオンラインにアップいたしました

2020年7月11日 土曜日


先日、オンラインに掛谷康樹さんの器をアップいたしました。
ご覧頂けましたでしょうか?
今回は、余白と器の丸み、柄の軽やかなリズム感など色々と掛谷さんと話を進めて臨みました。
紋様はもちろんのこと、より厚みと手に持った時の縁の心地よさ。そしてより器として安定した形もご覧いただければと思います。

個展のお知らせ - 惣堂窯 掛谷康樹 練上の器展

2020年6月11日 木曜日


【個展のお知らせ -  惣堂窯 掛谷康樹 練上の器展】
東京・世田谷にある実店舗「工芸喜頓(こうげいきいとん)」にて
6/20(土)より 6/28(日)まで、惣堂窯 掛谷康樹(かけややすき)さんの個展を開催いたします。

広島県福山市にて、「練上げ」という色の違う陶土を重ね組み合わせ模様を表現する技法で
器づくりをされている掛谷康樹さん。

今回はどのような器がお披露目になるか。
形も柄も是非皆さま、店頭で手にとってご覧頂ければと思います。

会期: 2020年6月20日(土)より 6月28日(日)まで 13時より18時
場所: 工芸喜頓(こうげいきいとん) 東京都世田谷区世田谷1-48-10
✔️ 会期中休まず営業いたします。
✔️ 残念ながら、今回掛谷さんの在店はございません。
✔️ 各種クレジットカードをお使いいただけます。

なお、店内は戸を全面開放できる作りになっているため
十分に換気ができる状態にありますが、店内混雑している場合にはお待ち頂くこともあるかと思います。
また、店先の木の下にベンチがございます。
休憩がてら、どうぞそちらもご利用ください。

皆さまのご来店お待ちしております。

写真:阿部高之
Tags : 惣堂窯掛谷康樹

かき氷の季節

2020年5月28日 木曜日


昨日オンラインにアップした、ルーマニアの器と広島のカンナカガラス工房 村松学さんの手吹きガラス。
そして、在庫切れしておりました鉄の皿立てや真鍮レンゲなどなど。
たくさんのご注文ありがとうございました。
発送準備が整い次第、随時発送させて頂きます。
今しばらくお待ちくださいませ。

さて、今日はカンナカガラス工房 村松学さんのガラスの小鉢で今年初めてのかき氷を作りました。
昨日の東京は、気温はそれほど高くなかったのですが、湿度がいつもより高く蒸し暑く感じました。
倉庫にしまっていたかき氷器(わが家のは昭和タイプ。トムとジェリーのジェリーで目が左右に動くタイプ!)を
キッチンに並べる・・・気づけばそんな季節に入ってきました。
早いですね。

今日も、東京・世田谷にある実店舗「工芸喜頓」の開店準備です。
緊急事態宣言解除を受け、来週の水曜日6/3から通常通り営業を再開いたします。
13時から18時まで、水・木・金・土曜日の営業です。
オンラインに掲載していない新入荷の商品など、色々と店頭に並びますので
お近くの際はぜひお立ち寄りください。

本日ルーマニアの器が入荷いたしました

2020年5月27日 水曜日


全国で緊急事態宣言が解除されましたね。
この2か月というもの、自宅で過ごす時間が圧倒的に多くなったためじっくり本を読む時間もできました。
写真は、ルーマニアのフォークアート(民藝)を紹介する1950年代に発行された本です。
興味があるものを、深く知れるのは楽しいものです。

さて、本日オンラインショップにそのルーマニアの器を掲載いたしました。
ルーマニアのトランシルヴァニア地方で30年から60年前に轆轤(ろくろ)による形成で
作られた古い鉢物と、同じ地方で現在作られている鉢物です。
その土地の赤土と釉薬で作られた器です。
色といい質感といい、勢いがあってでも素朴でなかなか面白いものです。
どうぞご覧ください。

東京・世田谷の上町にある実店舗「工芸喜頓」も、緊急事態宣言解除を受け
来週6/3(水)より営業を通常通り再開いたします。
店舗の全面を開放し換気は十分に行い、今まで通りお一人でもご家族でもゆっくりと器を
ご覧いただけるように努めてまいります。
そのため、混雑時にはお待ちいただくこともあるかもしれませんが、何卒ご了承ください。
オンラインショップに未掲載の日本各地の民藝の器やガラス、ルーマニアの器も店頭に並びます。
お近くの際はどうぞお立ち寄りください。
皆さまのご来店、お待ちしております。

おやつの時間

2020年5月24日 日曜日


どうも自分で作る食事もおやつも、だいぶ飽きてきました・・・。
これはおそらく家族も同じ。
そんな声、わが家だけではなくあちらこちらで聞きます。
どこかでテイクアウトしようか?どこかで食べようか?
都内も、先週あたりから営業を再開しているお店がだいぶ増えてきたためか
そんな声がちらほらと家族からもあがるように・・・

今日は、神奈川県の葉山にあるアトリエSUNNY & SONS からお取り寄せした
チョコレートケーキでおやつタイム。
15cmほどの大きさですが、ずっしりと重く8人くらいで切り分けて頂いてもいいくらいの食べ応え。
お腹がしっくりこない変な混ざり物感が全くなく、山椒ナッツが使われていたりといい具合。
ケーキをあまり食べないわが家の家族も美味しい!と言いながら頂きました。
3時のおやつにケーキって、何か特別感があって嬉しいものですね。

実店舗「工芸喜頓」を臨時休業しているので、営業日が重なり普段行けないお店まで
自転車を少し走らせてお花を買いに出かけたり、必要なものを買いそろえにでかけたり。
交通機関を使わずに健康的に自転車であちらこちら楽しく移動できるのも
東京の楽しみの一つかもしれません。
サイクリングにぴったりの季節ですし、気分転換のためにもやはり家にこもらず
必要な対策は取りながらもお散歩には出たいですね。

そうそう。このケーキをのせている丹波の俊彦窯の糠釉八寸菊皿。
現在、俊彦さんに注文をかけているので再入荷する予定です。
どうぞお楽しみに!

では、皆さま。よい日曜日をお過ごしください。
< 前のページ
上に戻る